BWRITEイメージ画像

10代女子の8割が企業をフォロー!ファッション、フードが人気。SNSコンテンツ調査10代(1)

Posted by ADDIX on Aug 24, 2017 11:51:07 PM

2017年7月、BWRITEでは、SNSを利用する(※)15~49歳の女性400人に対して「SNSコンテンツについての意識調査」を実施しました。今回は10代にフォーカスし、心をつかむコンテンツや、お気に入りの企業公式アカウントについて探りました。

※事前調査でTwitter、Facebook、Instagramのいずれかのアカウントを持っているとお答えの方。

「いいね」するのは「笑える投稿」!インスタでは「有名人の投稿」が1位。

10代女子はぞれぞれのSNSで、どんな投稿に『いいね』をしているのでしょうか。調べたところ、「笑える/楽しい投稿」がTwitter、Facebookで1位、Instagramで2位でした。彼女たちの心をつかむのは、笑って楽しめる投稿のようです。

続く上位には、「共感できる内容」「癒される投稿」がランクイン。「美しい写真/動画」も、どのSNSでも比較的上位となっています。 

<Q:あなたはTwitterで、どういう投稿に「いいね」をすることが多いですか。(複数回答)>

<Q:あなたはFacebookで、どういう投稿に「いいね」をすることが多いですか。(複数回答)>

<Q:あなたはInstagramで、どういう投稿に「いいね」をすることが多いですか。(複数回答)>

投稿者別で見ると、「リアルな知り合い」と「有名人」の投稿に、比較的よく「いいね」をしているようです。「リアルな知り合いの投稿」は、どのSNSでも5位。「有名人の投稿」は、Instagramでは1位、Twitterでも4位となっています。

またTwitterでは「同じ趣味を持つ人の投稿」が6位に入っており、約半数が選択しています。Twitterで、趣味のつながりが多いことが伺える結果です。

約8割が企業をフォロー。人気のカテゴリーは「ファッション」「フード・ドリンク」。

それでは、企業のアカウントについてはどのように感じているのでしょうか。調べたところ、いずれかのSNSで企業公式アカウントをフォローしている割合は約8割。10代女子の多くが、何らかの企業公式アカウントをフォローしているようです。

<Q:LINE、Facebook、Instagram、Twitterのいずれかで、ブランドやお店、サービスなど何らかの「企業公式アカウント」をフォローしていますか。(複数回答)>

またフォローしている公式アカウントのうち、お気に入りを1つだけ答えてもらったところ、ファッション系、フード・ドリンク系のアカウントの人気が高いようです。

お気に入りの理由については、「クーポン」「最新情報や、お得な情報が欲しい」「メイクやファッションの参考に」という意見のほか、「投稿が面白い」「好きなブランドの商品が見たい」というコメントも見られます。

ファッション系については、フォローするアカウントへの愛が感じられるコメントも。「かっこいい!」「かわいい!!!!!」という声からは、好きなブランドの世界観に触れる幸せな気持ちが伺えます。

<Q:フォローしている、SNSの企業公式アカウントのうち、もっとも気にいっているもの。(自由回答を集計・単一回答)>

<Q: フォローしている、SNSの企業公式アカウントのうち、もっとも気にいっているアカウントと、気に入っている理由(自由回答コメント抜粋):自由回答>
~コメントの一部を抜粋(順不同)~

<ファッション>
「CandyStripperのTwitter【お気に入りの理由】かわいい!!!!!(19歳/学生)」
「adidasのLINE【お気に入りの理由】かっこいい(19歳/学生)」
「WEGOのTwitter【お気に入りの理由】面白い動画があるかと(18歳/学生)」
「WEGOのインスタ【お気に入りの理由】ファッションの参考にできるから(16歳/学生)」
「H&MのLINE【お気に入りの理由】お得な情報(15歳/学生)」
「ENVYM のインスタグラム【お気に入りの理由】最新ファッション・商品を見れるから(18歳/学生)」

<フード・ドリンク>
「マクドナルドのLINE【お気に入りの理由】クーポンが配信されるところ。(19歳/学生)」
「マクドナルドのTwitter【お気に入りの理由】投稿が面白い(16歳/学生)」
「サントリーのTwitter【お気に入りの理由】たまに飲み物をプレゼントする企画をやっている(19歳/学生)」
「森永のTwitter【お気に入りの理由】おもしろい(18歳/学生)」
「スターバックス【お気に入りの理由】美味しいしオシャレで大好きだから(19歳/パート・アルバイト)」

<コスメ>
「DHCのLINE【お気に入りの理由】割引クーポンがあるから(18歳/学生)」
「INTEGRATEのTwitter【お気に入りの理由】可愛いメイクの写真で化粧品の使用例をしていたり、キャンペーンで化粧品をプレゼントしているところ。(18歳/パート・アルバイト)」

<メディア>
「C CHANNEL のFacebook【お気に入りの理由】動画で分かりやすい(19歳/学生)」
「Fashion pressのTwitter【お気に入りの理由】流行のものや最先端のファッションがわかる(19歳/学生)」

<コンビニ>
「セブンイレブンのTwitter【お気に入りの理由】新商品がどれも美味しそうだから(19歳/学生)」
「ローソンのLINE【お気に入りの理由】商品やキャンペーンについて知れる(18歳/その他)」
「ローソンのLINE【お気に入りの理由】クーポンを貰える(17歳/学生)」

<その他>
「東京ディズニーリゾートのInstagram【お気に入りの理由】載せている写真がきれい(19歳/学生)」
「楽天市場のLINE【お気に入りの理由】お買いものパンダがかわいいから(18歳/学生)」

SNSにエンタメ要素を求める10代女子。心に響くコンテンツとお得な施策が効果的。

スマホと共に日常を過ごす10代の女性たち。まだその多くが学生であるためか、SNSに対してエンタメ要素を求める傾向が強いようです。

彼女たちは、SNSの投稿で「笑い」や「共感」、「癒し」を得て、それらのコンテンツを通じて「リアルな友だち」や「同じ趣味を持つ人」とコミュニケーションを取ったり、InstagramやTwitterで「有名人の投稿」を見て楽しんだりしています。

お気に入りの企業公式アカウントについても、同様に「投稿が面白い」という理由が見られます。また社会人に比べて自由になるお金が少ない学生がメインのため、クーポンやプレゼントなどの「お得情報」も重要なようです。たとえば、コンビニなどでドリンクが1本もらえる、商品が値引きになるといったささやかな内容でも、この年代にとっては魅力的です。

彼女たちに愛されるアカウントとなるためには、商品・サービスの魅力を大前提としつつ、友だちと盛り上がって楽しめるような仕掛けや内容の面白さ、ビジュアルのカッコよさなど感情面に訴える投稿でフォローを促進し、その上で定期的にクーポンなどのお得な施策を実施する、という手法が有効であるように思われます。

<調査概要>
「SNSコンテンツについての意識調査【10代編】」(調査実施:BWRITE)
【実施期間】
2017年7月13日(木)~7月14日(金)
【調査対象・人数】
事前調査でTwitter、Facebook、Instagramのいずれかのアカウントをお持ちと回答した、Fastaskモニター会員の15~19歳女性100名(有効回答から100名を抽出)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【調査企画・設計/調査主体】
BWRITE(運営:株式会社ADDIX)
【調査実施機関】
ジャストシステム「Fastask」

 


関連リンク
ADDIX_Digital_Marketing_logo

アパレル・コスメ・ラグジュアリー等、300社以上の実績あり
ADDIXが提供するデジタルマーケティング

ADDIXのデジタルマーケティング事業部では、アパレル・コスメ・ラグジュアリー業界を中心に300社・ブランドの実績と最新の知見により、マーケティングの成功を支援します。ユーザー視点・顧客体験を起点とした戦略策定からコミュニケーション設計、SNSアカウント・デジタル広告運用・分析までトータルにサポートします。
https://www.addix.co.jp/business/digital-marketing/


 

Topics: リサーチ