BWRITEイメージ画像

EC購入経験率4割!キッチン用品は「コスパ」重視。EC調査 キッチンアイテム編

Posted by ADDIX on Jun 7, 2017 7:14:24 PM

BWRITEが2016年12月、20~40代の女性300人に対して実施した「ECについての意識調査」。その中から「キッチンアイテム」についてのレポートをお届けします。
※本調査における『キッチンアイテム』はキッチンツール、調理家電、テーブルウェアを指します。

キッチンアイテムのEC購入率は4割。最多は30代で45.0%。

まず、購入率から見てみましょう。どのくらいの女性が「キッチンアイテム」をECで買っているか調べてみたところ、約4割が購入経験者でした。「化粧品編」(※1)「ファッションアイテム編」(※2)でのEC購入率は、それぞれ、化粧品約6割、ファッション約7割。それに比べると低い割合です。

年代別では30代がもっとも購入率が高く、単身者の割合が高い20代でもっとも低いようです。

<Q:あなたは『キッチンアイテム』を『EC』でどのくらいの頻度で買っていますか?>

購入頻度は、どの年代でも「年に1回以下」が最多。さほど頻繁に購入するアイテムではありません。とはいえ30代では、月に1回以上購入する人が約10人に1人ほど存在しています。キッチンアイテムは、ライフスタイルや意識によって、購買行動の差が大きいとアイテムと言えそうです。

(※1) https://blog.addix.co.jp/172131
(※2)https://blog.addix.co.jp/17441

購入サイト1位は「楽天」。購入者の7割は「ファッション」も「楽天」で購入。

購入先では、1位は「楽天市場」、2位は「Amazon」でした。この順位は「化粧品」「ファッションアイテム」でも同様であり、ECサイト2強の強さが際立ちます。

<Q:ふだんキッチンアイテムを買っているサイト/アプリ>

「楽天市場」でのキッチンアイテム購入者について調べてみると、実にその約6割が「化粧品」を、約7割がファッションアイテムを同じ楽天で購入していました。

<Q:キッチンアイテムの「楽天市場」購入者における、同サイトでの他カテゴリ商品の購入状況>

「ファッション編」第2回レポート(※3)で、楽天での購入者はポイントを重視していることが明らかになっています。ポイントを重視する場合、より効率的にポイントが貯まるサイトで買いたいと考えるのが自然。そのため楽天ポイントをためているユーザーの中には、ほしいものがあれば、まず楽天で商品を探す、という行動パターンを持つ人が少なくないようです。

(※3)https://blog.addix.co.jp/174251

キッチンアイテムは「コスパ」が重要。ニトリで買うのは、プチこだわり派?

最後に、もっともよく購入するサイトの気に入っている点を答えてもらいました。すると、購入先を問わず目立っていたのは「安い」という声。キッチンアイテムのEC購入では、なによりもコスパが重視されているようです。また、「使い慣れているから」という声からは、ふだんから使い慣れているサイトでの購入が多いことが伺えます。

購入サイト別に見ると、「楽天市場」では、やはり「ポイントがたまる」という声が目立ちました。その他には「種類が豊富」「価格比較ができる」「安心する、使い慣れている」などの声があがっています。また、「いろいろな店舗の商品を比べて購入することが出来るから」という声からは、様々な店舗があるモール型ECサイトであることに、魅力を感じているユーザーがいることが伺えます。

次いで購入者の多い「Amazon」では、安さや品揃えへの評価のほか、「注文してすぐ届く」「送料無料」など、配送面を評価する声の多さが際立ちます。

「ニトリ」のECサイトでの購入者からは、「安い」のほか、「シンプルでへんな絵がついてない」という回答も。コスパを重視しつつ、デザイン的にもちょっとしたこだわりを持ちたいユーザーの心を捉えているようです。

また、「LOHACO」については、「検索しやすいこと」「使い勝手がよい」など、機能面を評価する声が目立ちました。

<Q:もっともよく『キッチンアイテム』を購入するサイトやアプリの気に入っているところ:自由回答>
~コメントの一部を抜粋(順不同)~

<楽天市場>
「安い」
「ポイントがたまる」
「検索しやすい、探しやすい、見やすい」
「いろいろな店舗の商品を比べて購入することが出来るから。」
「安心する、使い慣れている」

<Amazon>
「見やすい、検索しやすい、使いやすい」
「注文してすぐ届く」
「送料無料」
「品ぞろえが豊富」
「価格が安い」
「使い勝手についてのコメントがあるから」

<Yahoo!ショッピング>
「慣れてるから」
「安い。送料無料。ポイント還元」

<ニトリ>
「安い」
「シンプルでへんな絵がついてない」
「写真だけでなく、利用方法や値段も載っててわかりやすい、イメージしやすい」

<LOHACO>
「種類豊富」
「検索しやすいこと」
「使い勝手がよい」

購買行動は2極化。選ばれるのは「お得で」「気に入った商品が見つかる」サイト。

キッチンアイテムは、どの程度キッチンを使うかによって必要度が異なるため、全く買わない層と、購入する層とに大きく分かれます。EC購入に限定した今回の結果からも、購買行動の2極化が伺えます。

購入する層の中では、購入頻度では年1回以下が、購入先選びでは「安さ」や「ポイント」などのコスパ面だけではなく、「使い慣れていること」を重視する人が多いようです。この結果からは、キッチンアイテムは、必要になった時に、ふだん使っているサイトで探して購入する、という場合が多いようです。

また、「ニトリ」のECサイトで購入したユーザーからは、価格とデザイン性の両方を評価する声が見られました。ポイント重視の傾向が強い「楽天」ユーザーからも、多くの店舗から商品が選べることを評価する声があがっています。

毎日使うキッチンアイテムだからこそ、ポイント付与や安さなどの「お得さ」を大前提にしつつ、なるべく満足のいく商品を選びたいもの。そんな、女性の欲張りな気持ちが伺える調査結果です。

<調査概要>
「ECについての意識調査【キッチンアイテム編】」(調査実施:BWRITE)
【実施期間】
2016年12月22日(木)~12月26日(月)
【調査対象・人数】
Fastaskモニター会員である20~40代の女性300名(有効回答から300名を抽出)
(年代別内訳:20代、30代、40代 各100名ずつ)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【調査企画・設計/調査主体】
BWRITE(運営:株式会社ADDIX)
【テキスト分析】
ADDIX アナリティクスユニット
【調査実施機関】
ジャストシステム「Fastask」

※この調査での「EC」はBtoCのみを指し、フリマアプリなどのCtoC(個人間取引)は除きます。

※「ECについての意識調査」結果レポートページ一覧
【化粧品編】
第1回: https://blog.addix.co.jp/172131
第2回: https://blog.addix.co.jp/172221
第3回: https://blog.addix.co.jp/17321
【ファッションアイテム編】
第1回:https://blog.addix.co.jp/17441
第2回:https://blog.addix.co.jp/174251
第3回:https://blog.addix.co.jp/175121

 


関連リンク
ADDIX_Digital_Marketing_logo

アパレル・コスメ・ラグジュアリー等、300社以上の実績あり
ADDIXが提供するデジタルマーケティング

ADDIXのデジタルマーケティング事業部では、アパレル・コスメ・ラグジュアリー業界を中心に300社・ブランドの実績と最新の知見により、マーケティングの成功を支援します。ユーザー視点・顧客体験を起点とした戦略策定からコミュニケーション設計、SNSアカウント・デジタル広告運用・分析までトータルにサポートします。
https://www.addix.co.jp/business/digital-marketing/


 

Topics: リサーチ