BWRITEイメージ画像

Googleアナリティクス4の権限付与とは?手順や種類を解説

Posted by ADDIX on Jun 8, 2023 12:19:00 PM

Google アナリティクス(UA)から、Google アナリティクス 4(GA4)に計測を切り替え、あらためてアクセス権限を見直される方も多いのではないでしょうか。

「GA4の権限って?」「権限の付与の手順は?」「権限付与には何が必要?」そんな課題をお持ちの方へ、GA4での権限付与についてご紹介します。

※本記事ご紹介の内容は、2023年6月時点の情報や設定画面となります。
「GA4拡張計測機能の初回推奨設定① | FARO BLOG」記事はこちら

  

 

1. GA4の権限付与とは

GA4は階層構造となっています。まず上の階層に「アカウント」があり、その下に「プロパティ」があります。「アカウント」「プロパティ」それぞれについて、アクセス可能なユーザーを設定できます。このユーザー追加を「権限付与」と言います。

2. GA4で付与できる権限

GA4のアクセス権限には下記の5種類があります。
権限は下記に記載した順で階層構造となっており、上位のロール(役割)は下位のロールの機能をすべて内包しています。

・管理者
・編集者
・マーケティング担当者
・アナリスト
・閲覧者

ユーザー管理権限は、最上位ロール(役割)である「管理者」のみが持っています。

その一段下の「編集者」はプロパティの設定やイベントなどの作成・編集・削除が可能で、取得するデータの操作が可能なロールです。

「マーケティング担当者」はプロパティ設定の一部が制限されています。

また、「アナリスト」は探索レポートを作成・編集できますが、「閲覧者」は自分で探索レポートなどのアセットを作成することはできず、参照のみが可能です。

さらに、GA4では「データ制限の割り当て設定」があります。これは権限付与対象者に広告の費用や収益データの閲覧を許可するか?という設定であり、GA4の権限とは別に設定することが可能です。


それぞれの役割は下記をご参照ください。

ロール(役割)

説明

管理者

アナリティクスのすべてを管理できる権限です。ユーザーの管理(ユーザーの追加および削除、役割およびデータ制限の割り当て)を行うことができます。アカウントまたはプロパティでこの役割を持つすべてのユーザー(自分自身を含む)に完全な権限を付与できます。

「編集者」役割の権限が含まれます。

(以前の「ユーザー管理権限」に代わるものです)

編集者

プロパティ単位の設定をすべて管理できる権限です。ユーザーを管理することはできません。

「アナリスト」役割の権限が含まれます。

マーケティング担当者

オーディエンス、コンバージョン、アトリビューション モデル、イベント、計測期間を作成、編集、削除できます。

「アナリスト」役割の権限が含まれます。

アナリスト

特定のプロパティ アセットを作成、編集、削除できます。共有アセットの共同編集を行うことができます。

「閲覧者」役割の権限が含まれます。

(「共同編集権限」の新しい名称です)

※プロパティ アセットにはデータ探索ツールなどがあります。

閲覧者

設定とデータの表示、レポートに表示するデータの変更(比較の追加、セカンダリ ディメンションの追加など)、管理画面または API を介した共有アセットの表示が可能です。この権限で共有アセットを共同編集することはできません。「閲覧者」役割を持つユーザーは、たとえば共有したデータ探索を参照することはできますが、編集はできません。

(「表示と分析権限」の新しい名称です)

なし

ユーザーにこのリソースの役割が割り当てられていません。別のリソースの役割が割り当てられている可能性があります。

※出典:[GA4] アクセス権とデータ制限の管理 - アナリティクス ヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/9305587?hl=ja#zippy=%2Cgoogle-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9%2C%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9

 

 

3. GA4の権限付与に必要なもの

GA4での権限付与には、Googleアカウントのメールアドレスが必要です。
アクセス権限を追加したいユーザーのメールアドレスを用意しましょう。メーリングリストでは登録できませんのでご注意ください。

※権限の付与は、GA4アカウントの「管理者」権限を持つユーザーのみ可能です。

 

4. GA4での権限付与の手順

STEP1


アナリティクス にログインし、「管理」をクリック。

BWRITE_GA4_access_management_step1

 

STEP2



「アカウント」に権限を付与したい場合は「アカウントのアクセス管理」を、「プロパティ」に権限を付与したい場合は「プロパティのアクセス管理」をクリック

※「アカウント」単位で付与した場合は紐づいているプロパティすべてが確認できるようになり、「プロパティ」単位では当該プロパティのみ確認できる、という違いがあります。

BWRITE_GA4_access_management_step2

 

STEP3



右上の「+」をクリック。

BWRITE_GA4_access_management_step3

 

STEP4



「ユーザーを追加」をクリック。
 BWRITE_GA4_access_management_step4

 

STEP5



権限を付与したいメールアドレスを入力。
BWRITE_GA4_access_management_step5

 

STEP6



付与したい権限を選択。

BWRITE_GA4_access_management_step6 

STEP7



「追加」をクリック。

BWRITE_GA4_access_management_step7

 

5. まとめ

本記事では、GA4での権限付与の手順や酒類を解説しました。GA4利用ユーザーに適切な権限を設定し、計測データを活用していきましょう。

ADDIXでは、GA4導入・活用支援サービスをご提供しています。計測環境の見直しから運用の設計、BigQuery連携など、GA4への移行に関するサポートが可能です。お気軽にお問合せください。

 

GA4の導入・設定など ご相談・お問い合わせはこちら

Topics: GA4