BWRITEイメージ画像

XR先進国フランスのVRコンテンツ事例 -観光編-

Posted by ADDIX on Jun 24, 2021 4:39:42 PM

観光と芸術の国として知られるフランスは、実は1999年から現在まで、世界最大級のVR・ARの国際見本市「Laval Virtual」の開催地であり、VR・ARをはじめとしたXR技術の先進国でもあります。

フランスでは早くから、ラグジュアリーブランドや観光、芸術業界などでXRの活用にトライしてきました。また病気の人など、さまざまな事情で移動が難しい人のためのXR活用の取り組みも進められてきました。

「時間やコストのかかる移動の負担をせずに、旅を体験できたら。」
そんな旅行好きの人の夢も、XR技術の進化によって叶えられつつあります。

その中でも特に、あたかも実際にその場にいるようなリアルな「没入感」を得られるVRの活用は、今後も新たな観光の形として市民権を得ていくと考えられます。今回は、XR先進国フランスのVR技術を活用した観光施策をご紹介します。

取材・執筆:株式会社ADDIX デジタルマーケティング事業部 コミュニケーションプランニングユニット マネージャー / パリ駐在所長 鵜飼 佐保子


事例1:パリのノートルダム大聖堂 火災前の姿をVR体験

2019年4月、長い歴史を持つパリのノートルダム大聖堂で火災が発生し、寺院は大きく破損してしまいました。

その翌年、パリ中心地にあるVR施設FlyViewにて「ノートルダム大聖堂の再建」というタイトルの18分のVR体験が提供開始されました。

体験者はVRヘッドセットを着用し、回転するアームチェアに座って、鐘や屋根に設置されたガーゴイル像のクローズアップなど、火災前の大聖堂の姿を見ることができます。

VR体験の価格は19ユーロ(約2,500円)で、収益の一部はノートルダム大聖堂 の再建に寄付されます。これまでに約1万人がこのVR体験に参加しました。

 

▼VR体験「ノートルダム大聖堂の再建」プロモーションビデオ▼
Rebuilding Notre- Dame – FlyView


 

事例2:パリの街中に点在する「タイムスコープ」でタイムスリップ体験

美しいパリの街を歩きながら、時間を遡って中世のパリにタイムスリップすることも可能です。

パリの主要スポットに点在するスタンド式のVR端末「タイムスコープ」に設置された双眼鏡を覗き込むと、いつでも3D映像で再現された「昔のパリ」を見ることができます。

329617-timescope-la-borne-qui-fait-voyager-dans-le-temps
(画像出典:https://www.sortiraparis.com/actualites/innovation/articles/160503-timescope-la-borne-vr-qui-fait-voyager-paris-dans-le-temps

1419年のバスティーユ広場、1789年のグレーブ広場、または中世のセーヌ河岸を旅することができ、観光スポットの歴史的背景を学ぶこともできます。

 

▼「タイムスコープ」イメージ動画▼
LA PLACE DE GRÈVE EN 1628, PAR TIMESCOPE

 

 

事例3:ヴェルサイユ宮殿の見どころを自由にVRで散策

ヴェルサイユ宮殿でも、VRで自由に散策できるようになりました。有名な鏡の間、大トリアノン、王室、庭園や噴水など、見どころを一通り回遊することができます。Google Arts&Cultureと提携しており、無料で自由にアクセスすることができます。

▼ヴェルサイユ宮殿VRツアー▼

https://artsandculture.google.com/project/versailles-never-seen-before

 

ヴェルサイユ宮殿VRツアー:スクリーンショット

(※ヴェルサイユ宮殿VRツアー:https://artsandculture.google.com/project/versailles-never-seen-beforeスクリーンショット)

 

事例4:「睡蓮」が描かれたモネの邸宅内をVRで回遊

フランス ノルマンディー地方南部に位置するジヴェルニーには、名画「睡蓮」などで有名な印象派の画家 クロード・モネが暮らした「モネの家」が観光名所として残っています。「モネの家」では、自宅内をVRで回遊できるガイド付きバーチャルツアーを提供しています。

多くの部屋の壁に日本の浮世絵が多数飾られている様子からは、当時のフランスでの日本文化人気もうかがえます。モネのマニアでなくても楽しめるVRコンテンツとなっています。

▼モネの家VRツアー▼
https://fondation-monet.com/visite-virtuelle/


Claude_monets_house
(※モネの家VRツアー:https://fondation-monet.com/visite-virtuelle/スクリーンショット)

 

事例5:VRはパリジャンたちの日常的なエンターテイメントに

パリ市内にはVRを使用したエンターテイメント施設も多く存在しています。その中から2つをご紹介します。

(1)VRで空からの自由落下を体験できる「iFly」

総合商業施設ラ・ヴィレットにある「iFly」は、大空での自由落下体験ができるVRサービスです。
事前にヘルメットとヘッドセットを着用し、強い気流が発生する筒型の空間に入ります。視界には大空が広がり、飛行機から飛び降りるような自由落下体験を提供します。インストラクターが同行することで、飛行士は安定した姿勢を保ち十分に楽しむことができます。

▼「iFly」体験の様子▼
https://www.instagram.com/p/Bj72HpGlLW9/


ifly-lexperience
(画像出典:https://www.sortiraparis.com/arts-culture/balades/articles/169929-survolez-hawai-en-vr-chez-ifly-lexperience-de-chute-libre-indoor-a-villup

(2)パリをVRで空から散策!「FlyView」

FlyView」はパリ中心地にあるVR施設です。まるで飛行機の搭乗口のような入り口を通過して施設内に入り、専用のシートベルトを締めてVRヘッドセットを着用するとパリの空の旅に出発します。ジェットパックが映像と連動して実際に動くため、本当に空を飛んでいるような体験をすることができます。

エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ大通り、セーヌ川、ルーブル美術館などなど、街自体がひとつの美術館のようなパリを、空から満喫できるVR体験があります。パリの街を歩き尽くした人には特にオススメです。

▼「FlyView:L'incroyable expérience de survol de Paris」イメージビデオ▼
https://youtu.be/I-uDgjP-i8g 

 

未来の観光はVR活用が常識!コロナ後の観光ニーズ活性化にも

2000年代頃から活用されてきたVRやARなどのXR技術ですが、現在再び注目を集めています。その理由としては、5Gの実用化や新型コロナウイルス感染拡大の影響だけではなく、XRが「目新しいもの」と認識される段階を卒業し、より実用的、かつ日常的なニーズへの活用が進んだことが挙げられるでしょう。

技術の進化と、ユーザーのニーズと結びついた活用法が顕在化された今日、国境を越えた新しい観光の可能性が花開いています。

フランスのVRを用いた観光施策の特徴は、VRという技術そのものではなく、それを利用していかにユーザーを楽しませる体験を作るかというコンテンツプランニングの視点があるところです。

コロナ収束後に観光ニーズの盛り上げ施策が求められる日本にとって、フランスのVR活用事例は大いに参考にできるのではないでしょうか。

 


 
 ■プロフィール

ADDIX_Ukai_Sahoko

 

 

株式会社ADDIX
デジタルマーケティング事業部 コミュニケーションプランニングユニット マネージャー / パリ駐在所長
鵜飼佐保子 Sahoko Ukai

2011年ADDIXへ新卒入社。企画営業、制作ディレクションを経て、SNSマーケティング専門部署へ所属。多くのグローバル企業の日本での認知・売上拡大に貢献しつつ、新規事業の立ち上げも積極的に行う。2016年10月にフランスに渡り、ADDIXパリ駐在所を開設。2019年7月、「ADDIX Paris」提供開始。日仏の架け橋となるべく精力的に活動中。
ADDIX Paris
https://addix.co.jp/paris-socialmarketing/


 

参考記事:
https://www.laval-virtual.com/
https://www.smithsonianmag.com/smart-news/virtual-reality-experience-shows-notre-dame-and-after-2019-fire-180975581/
https://www.tom.travel/2021/04/26/notre-dame-de-paris-va-renaitre-grace-a-son-double-numerique/
https://www.vogue.fr/fashion-culture/article/the-best-virtual-visits-confinement-online-from-home
https://www.sortiraparis.com/arts-culture/balades/guides/168570-realite-virtuelle-le-top-des-activites-vr-a-paris
https://www.sortiraparis.com/actualites/innovation/articles/160503-timescope-la-borne-vr-qui-fait-voyager-paris-dans-le-temps
https://timescope.com/case-post/decouvrir-la-place-de-greve-au-xviie-siecle/
https://timescope.com/les-bornes-timescope/

 


関連リンク

ADDIXロゴ

 

顧客体験価値を向上させる「VR(仮想現実)」
VR活用のプランニング・制作支援

圧倒的な臨場感によって、記憶に残る体験を与える「VR」を活用し、顧客体験価値を向上。マーケティング目線で、目的に合わせてVR制作手法をコーディネートし、企画立案から制作までトータルにご支援します。
https://service.addix.co.jp/vr


 

 

Topics: VR