BWRITEイメージ画像

フランスで人気の日本の漫画・アニメは? ~コロナ収束後のフランスからのインバウンド施策に向けて~

Posted by ADDIX on Jul 15, 2020 8:35:07 PM

日本好きが多いとされるフランス。近年日本を訪れるフランス人は増加しており、2019年には33万6千人を超えました。またフランスからの旅行者は日本旅行中の消費金額が高く、2019年7-9月期には国・地域別「訪日外国人1人当たり旅行支出」でフランスが1位、2019年年間では3位、 (※1)となっています。

年に1回開催される日本ファンの祭典「Japan Expo」の来場者数が2015年には25万人を超えるなど (※2)、フランスでは漫画やアニメなどのオタク文化をはじめとする日本文化が幅広く人気を得ています。インバウンド消費額の高いフランス人へのアプローチには、漫画・アニメの活用が有効な施策の1つといえそうです。

2020年3月、現地パリにあるADDIX Parisではフランスでの日本の漫画やアニメの現状を調査。「フランスにおける日本の漫画・アニメ文化に関する調査レポート」をまとめました。一部抜粋してご紹介します。新型コロナウイルス終息後には再び増えることが期待されている、フランスからのインバウンド施策のヒントにお役立てください。
※本調査レポート(総ページ数21P)を無償提供しております。詳しくは記事末尾をご確認ください。

【目次】

1)フランスで日本の漫画の販売数が急増
2)フランスで人気の日本の漫画作品は?
3)劇場アニメでの人気作品は?
4)フランスでの日本の漫画・アニメの未来は?
まとめ:漫画・アニメの活用がフランス人観光客への有効な施策に!

フランスで日本の漫画の販売数が急増

2000年頃からフランスの出版社で日本の漫画が出版されるようになりました。その後順調に増加していた販売数は、2008年をピークに減少に転じます。

近年、出版社が増え始めたことで日本の漫画の販売数が再び上昇。2018年には前年に比べ11.1%上昇し、販売数は1,510万冊に達しています。

<フランスにおける日本の漫画の販売数推移>フランスにおける日本漫画の販売推移_グラフ画像(※出典:https://www.journaldujapon.com/2019/06/26/bilan-manga-2018-ventes-en-france-toujours-plus-haut/

フランスで人気の日本の漫画作品は?

では、フランスではどんな日本漫画が人気なのでしょうか。

2018年にフランスで最も売れた漫画(※シリーズ物)のランキングによれば、上位を「ONE PIECE」「FAIRY TAIL」「僕のヒーローアカデミア」などの少年漫画が占めています。

<フランスにおける日本のシリーズ漫画 販売数ランキング(2018年)>フランスにおける日本のシリーズ漫画 販売数ランキング(2018年)_画像
(※出典:https://www.journaldujapon.com/2019/06/26/bilan-manga-2018-ventes-en-france-toujours-plus-haut/

また上位10作品が同市場の売り上げの50%を占めており、一部の作品に人気が集中していることがわかります。

劇場アニメでの人気作品は?

2000年以降にフランスで劇場公開された日本のアニメ作品では、特にスタジオジブリの作品の人気が高いようです。なお、観客動員数1位と8位にはポケットモンスターがランクインしています。

<フランスで劇場公開された主な日本の劇場用アニメ作品>
(2000 年以降、観客動員数順) 1位~25位
フランスで公開された主な日本の劇場用アニメ作品(2000 年以降、観客動員数順 1位~25位)
(※出典: https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2019/9d4016c7dfbd6add/rp201903.pdf

フランスでの日本の漫画・アニメの未来は?

フランスで高い人気を誇る日本のアニメですが、今後はどう展開していくのでしょうか。

JETRO 英国・フランスにおけるコンテンツ産業調査(2019年3月) (※1)では 、インターネットとNetflixなどのストリーミングプラットフォームの普及により、今後日本アニメのファン層はさらに拡大していくと予想されています。

フランスにおける「日本アニメ」市場の今後の展望‗画像(※出典: https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2019/9d4016c7dfbd6add/rp201903.pdf

同調査における専門家のコメントの中には「特に18歳~25歳の層にとって、インターネット経由は彼らの消費スタイルとなっている」という分析も見られます。

若者たちには当たり前となったインターネットでの視聴スタイルは、今後より多くの日本アニメファンが育っていくことにつながっていくのではないでしょうか。

また日本アニメファンの増加は、同時に原作である日本の漫画作品のファンを増やすことにつながっていくと考えられます。

まとめ:漫画・アニメの活用がフランス人観光客への有効な施策に!

インターネット配信が後押しとなって、フランスの未来を担う世代に日本漫画・アニメのファンは今後も増えていくと想定されています。

国内外からの日本国内での旅行の目的として、漫画やアニメの舞台となった場所を訪れる、いわゆる「聖地巡礼」が注目されています。フランスでの日本の漫画・アニメファンの増加は、フランスからの訪日旅行者の将来的な増加にもつながっていくのではないでしょうか。

ADDIXパリ駐在所では、パリ駐在の日本人ディレクターによるフランス現地での市場調査や消費者の意識・行動調査など各種調査が可能です。フランスでのビジネス展開やインバウンド施策検討にて何か課題がおありでしたら、お気軽にご相談ください。

調査・レポーティング/Sahoko Ukai(ADDIX Paris)

「フランスにおける日本の漫画・アニメ文化に関する調査レポート」(総ページ数21P )
▼レポートをご希望の方は下記よりお申込みください▼
資料ダウンロードはこちら:バナー


(※1)観光庁「訪日外国人消費動向調査 」
(※2)「オタク」から「食」「観光」へ。仏Japan Expoに見る日本ファン向けビジネスの可能性。 | BWRITE(ブライト)
(※3)JETRO 英国・フランスにおけるコンテンツ産業調査(2019年3月)

 

 


関連リンク
ADDIX_Paris_logo_new

ADDIX Paris

日仏に精通した日本人ディレクターがフランスでのビジネス成功を支援
ADDIX PARIS では、日仏のマーケティングに精通したパリ駐在の日本人ディレクターがフランス現地におけるインパクトの最大化を実現。ソーシャルメディアを中心としたコミュニケーションにより、認知拡大とビジネス展開の成功をサポートします。パリファッションウィークでの撮影取材・ライブ配信など現地における各種コンテンツ提供も行っております
https://addix.co.jp/paris-socialmarketing/


 

 

Topics: リサーチ